2007年 08月 27日
佐中千年家
能登の旅の コメント沢山頂いて ありがとうございます。
少し休憩させてもらって 珍しい所に出会いましたので アップしますね。

生野方面へ 行った時【佐中千年家】朝来市佐中の 進藤家 足川時代に 建てられたと言われている。
原 六郎(進藤俊三郎)の 生家です。

なんと 建物の調査を していたので 金網が開いていた。
【まい】が 入っていいと了解をもらって あつかましく 二人で 撮影してきました。
始めは よく判らず 沢山の人が 話をしたり メジャーで 計ったり なんだろうと思いながら お邪魔させてもらいました。
d0033551_22384392.jpg
①入り口
d0033551_22292678.jpg
d0033551_22294753.jpg
d0033551_2230182.jpg
④大きな梁、真っ黒な大きな柱 時代を感じます
d0033551_22302317.jpg
⑤囲炉裏と卓袱台
d0033551_22323061.jpg
⑥カマドかなぁ?
d0033551_2233012.jpg
d0033551_22332586.jpg
⑧勝手口
d0033551_22334627.jpg
⑨井戸
d0033551_2234928.jpg
d0033551_22343084.jpg
⑪表戸
d0033551_2234513.jpg
⑫お庭
d0033551_22351186.jpg
⑬2004年 カヤの葺き替え
d0033551_22353613.jpg
⑭中から見た入り口付近
d0033551_22355367.jpg
⑮いい時に通りかかりました、中を撮影出来て 幸運でした。
知らなかったとは言え お仕事中に ご迷惑かけまして 申し訳ないです。
どうも ありがとうございました。
d0033551_22362027.jpg
中々見れない所 一緒に感動してもらえると 嬉しいです。

次は 輪島の朝市に戻ります、又見てくださいね。
何年前のでしょうか!!

by maikasati | 2007-08-27 02:29 |


<< 輪島の朝市 と 志賀町      縄文真脇温泉 ② >>